Archive for category: つぶやき

引っ張りだこのマダム

そのマダムは、多くの人を魅了すると言います。
あまりの人気ぶりは、雑誌やテレビからの取材も受けるほど。
各メディアでも、こぞって取り上げているようです。
そこからまた広く知れ渡り、注目度は上がる一方。

あちこちから注目を集めるマダムとは、どんなマダムなのか?
とても気になるところでしょう。
私もそんなステキなマダムなら、一度お目にかかってみたいと思いました。

それはどんなマダムかというと、美味しいマダム。
マダムとはいっても女性ではなく、
人気洋菓子店『マダムシンコ』が作るバウムクーヘンです。
正式な名前は『マダムブリュレ』

ただ、美味しいということだけで話題になっているのなら、
私はそれほど注目しなかったことでしょう。
美味しいと言われるバウムクーヘンなら、あちこちで見かけますから。

でもこのマダムブリュレは、ただ美味しいだけじゃない様子。
一般的なバウムクーヘンはそのまま食べることが多いですが、
マダムブリュレには三通りの楽しみ方があるというんです。

表面のパリパリ感と生地のしっとり感を楽しむには、
常温で食べるのが一番のようです。
でもちょっと工夫をするだけで、まるで別物のようなスイーツに早変わり!

まずは、冷凍して食べる方法。
凍らせたマダムブリュレをスライスして食べると、
バニラアイスケーキのような食感になるんだとか。
常温においておくと早く食べ切ってしまわないと美味しさが損なわれますが、
冷凍すれば長い間楽しむことができるのも嬉しいです♪

冷凍すると美味しいマダムブリュレは、温めても美味しいようです。
電子レンジで10~20秒温めると表面はパリパリで、
中にはシフォンケーキのようなふわふわ感が生まれると言います。

マダムブリュレを食べるときには、
どうやって食べるのが自分は一番好きか試してみたいですね(^^)

コメントは受け付けていません。

マイベストお煎餅ランキング TOP10

私がよく食べているからといって、みんなも好きだとは限らない。
みんなが選ぶおいしいお煎餅を、私が好きな順に並び替えてみました。

そうすると意識したわけじゃないのに、
なんと半分以上が亀田製菓のお煎餅!
亀田製菓が作るものは大体気に入るとは自覚していましたが、
この結果には自分でも驚きです(笑)

<マイベストお煎餅ランキング TOP10>

1位 まがりせんべい(亀田)(12位)
2位 おにぎりせんべい(マスヤ)(10位)
3位 こつぶっこ(亀田)(11位)(6位)
4位 ばかうけ(栗山)(4位)
5位 雪の宿(三幸)

6位 ぽたぽた焼き(亀田)(2位)
7位 ハッピーターン(亀田)(1位)
8位 揚一番(亀田)(8位)
9位 ぼんち揚(ぼんち)(7位)
10位 海老のりあられ(亀田)(20位)

『まがりせんべい』は私の中で殿堂入り。
数ある亀田製菓のお煎餅の中でも、特に好きです♪
カリッと心地いい噛み心地と優しい甘辛さは、毎日食べても全く飽きません。
みんなのランキングで12位という結果は、私にとってとても意外でした。

『おにぎりせんべい』が好きな人は『ばかうけ』も好きなはず!
食べ比べれば味は全く違うけど、
コクのある甘じょっぱさは共通しているので(^^)
濃い目の味付けとお煎餅の形やパッケージは、こどもも好きなこと間違いなし♪

まがりせんべいも含め、『雪の宿』と『ぽたぽた焼』は、昔から我が家の定番。
よく親が買ってきていたので、私もこどもの頃からしょっちゅう食べていました。
兄はお煎餅をほとんど食べないので、ほとんど私が独り占め(笑)

たまには『ぼんち揚』もいいけれど、やっぱり『揚一番』の味付けの方が好き(^^ゞ
こどもには小粒の『こつぶっこ』も食べやすいと思います(^^)
はちみつの甘さはこどもにもピッタリ♪

新発売されたときから『海老のりあられ』はお気に入り。
一度にいろんな味を楽しめるのも嬉しいです♪

コメントは受け付けていません。

家電こそ賢く買いたい

人気の高い家電を買っても、一度も使わない機能があると、
もったいなかったなと反省します。
損をしたまでは思いませんし、確かに便利に利用できてはいるんですが、
せっかくの機能が使われないままというのもすっきりしません。

日常生活にどんどん役に立ってくれてこその家電だと思っているので。

購入する時には、売れ筋だとか価格とかだけではなく、
まずは自分がどんな機能が欲しいのかをはっきりさせておく方がよいと思います。

別に最新型でなくても十分満足できることも多いんじゃないでしょうか。

こういう機能が欲しいとずっと思っていたものがついに登場したというのなら、
新製品にこだわっても良いとは思うのですが。

たくさん機能が付いているから価格が高いということもよくあります。
自分が欲しい機能を満たしているなら、
ひとつ古い型のものでも、売れ筋のものでなくても、
買って良かったと満足できるはずです。

大きなものの場合、引っ越しなどで住むところが変わると、
置き場所に困るというのもよくある話です。

私の場合は、必要な機能があればそれで良いという考え方の他に、
できるならサイズが小さめのものがいいとも思っています。

置き場所や保管場所を変えやすいというのも、
使いやすさの目安のひとつと言っていいような気がします。

あとは消費電力でしょうか。
シンプルな機能の方が消費電力が少ないとは限りませんけど、
こんな時代ですから消費電力という点からも比較して買いたいです。

そういう意味では、今使っていて、特に不便も不満も感じないものであっても、
消費電力が大きいなら、買い替えを考えてもいいんじゃないでしょうか。

生活をするというのは、電気を使うことと無縁ではいられないことが多いものです。
電気代の節約にもつながります。
生活に役立ってくれるものこそ、慌てずにじっくり考え、
賢く比較をして吟味していきたいです。

同じような製品がたくさんのメーカーから登場してきます。
自分にはどれが一番いいのかを冷静に選ぶことが、
愛着を持って使うことにもつながるんじゃないでしょうか。

私の場合、どうしても店舗に行くと色々と目移りしたり
店員に言われるがまま新商品を買ってしまうことが多いので
最近はネットで家電もチェックしています。
そうすることで、冷静な目で判断できますからね。

コメントは受け付けていません。

サイバー攻撃、危機意識を持とう

特にメルマガを登録しているわけではないのに、怪しいメールはたまに届いたりする。
怪しいメールは開かないようにしているのだが、最近はそのやり口も巧妙になってきており日常の何気ないメールを装ったものも出てきているようだ。
特定の企業や組織を狙う標的型のサイバー攻撃は近年増え続けている。
7月にも衆参の議員にも仕掛けられて情報の一部が流出したという事件が報じられた。
その標的型のメール攻撃がまさに日常的なものを装ったものだった。
例えば、「去年食事をした○○です。」というメールが来たら「いつ会いましたっけ?」というような会話が成立してしまう。
何回かやり取りをしたあとに、写真を装ってPDFファイルが添付される。それを開いた時点で不正プログラムのに侵入を許してしまったということなのだ。
これは実際にあった手口だった。
パソコンではないが、私も同じようなやり口で被害に合った経験がある。
友達を装ったような文面で、「アドレスを変更しました」というメールが来た。名前は記載されていない。
こういったうっかりは携帯を持ってればよくあることなので、「誰ですか?」と返信をするともうアウト。
何回かやり取りした後にどこかおかしいと思っていたら、実は出会い系サイトへの誘導だったというわけだ。
その後は出会い系の迷惑メールが大量に届くようになり、アドレスを変更せざる負えなかったという苦い経験をした。
これがパソコンだったらと思うとぞっとする。
タイムリーな話題や中には発信元をIPAに装っていたものまであるという。

少しでもおかしいと思ったら絶対に開かず、返信はしないこと。
防災対策と同様にサイバー攻撃に対する危機意識も持っていなければならない。
自分だけは大丈夫だという危機意識の欠如こそがこういったサイバー攻撃のターゲットになりうるかもしれないのだから。

私が住んでいる区では、インターネットのセキュリティに関して相談窓口を設けていたり、講習を行っていたりする。不安な時には相談しようと思っている。
講習といえば私の知人が記憶術の講習を受けることにしたそうだ。もう30超えているのだが、大学受験をするつもりらしい。がんばってほしいと思う。

コメントは受け付けていません。

パスポート取得

三十路手前にして、初めてパスポートを取得した。
円高のうちに海外旅行へ行こうと思いたったわけだが、これがまた時間のかかる面倒なものになるとは思いもよらなかった。
私の本籍を置く自治体が遠いため、郵送でのやり取りとなる。手続き含め戸籍謄本の取り寄せには時間がかかった。
新宿の窓口に赴き、無事に申請手続きを終えて6日後ついにパスポートが発行された。
とりあえず手持ちのお金が少なかったので5年間と思ったのだが、10年間で申請する方がはるかにお得だったので少し後悔した。
ひとまず無事にパスポート取得できたので、次はどこにいくかが悩みとなった。
職場には海外留学経験者が多いので、初心者でもお薦めな旅行先を聞いてみた。返ってきた答えはニューヨーク。
ブロードウェイも楽しめるし、現地ツアーも豊富。食事に困ったら、世界共通マクドナルドがあるしどうにかなるだろうとのこと。
かろうじてジェスチャーなどでどうにかなる外国語が英語のみなので、いっそ語学学校も探して1週間くらいの超短期留学を楽しむのもいいかもしれない。
そんなアメリカ旅行を計画している私の目に、あるニュースが目に入った。
アメリカに親しみを感じる人が8割を超えて過去最高になったというのだ。東日本大震災での支援が追い風になったという理由もあるらしい。
調査では合わせて中国への親近感も持ち直したと発表した。尖閣諸島沖の漁船衝突事件の影響で落ち込んでいた去年から盛り返した形になる。
ただ、中国に関しては長期的な親近感を覚える人は減る傾向にあるようだ。
しかし古くは第2次世界大戦。アメリカが日本にしたこと、日本がアメリカにしたことを忘れてはいけない。
多くの命が失われた。けれど戦後の復興は世界的にも目を見張るものがあり、それにはアメリカのバックアップもあった。
今回の震災でも世界各国から復興支援が行われ、その筆頭にアメリカがいた。遠くて近い国、そういう存在としてみんな捉えているのだなと感じた。

コメントは受け付けていません。

方言で困ったこと

実際に道外の人が使うことはなくても、全国的によく知られている北海道弁もありますが、やっぱりまだ通じないことも少なくありません。

自分でも北海道弁だとわかっているので、道外の人には使わないように気をつけてはいます。でもあまりにも使い慣れていて、やっぱり自然と口にしてしまうんですよね。それに、他にふさわしい表現、その方言と同じ意味の標準語が思いつかずに、使わざるを得ないこともしばしば。

■しばれる

「寒い」の上級語。
北海道では、寒いという言葉では片付けられないほど気温が下がったときに使います。

「今朝はしばれたね」→「今朝はものすごく寒かったね」

■なまら

「とても」「すごく」「超」「ものすごく」の意味。
「な」と「ま」の間に「ん」を入れて、「なンまら」と意味を強調することもあります。

「なまら欲しい」→「とても欲しい」
「なンまら欲しい」→「絶対欲しい」

北海道人が「なまらしばれた」という日の寒さを、道外の人は耐えることができないかもしれません。

■~べさ?

「~でしょ?」の意味。
北海道では「で」を省いて「~してるしょ」ということもあります。

「なまらしばれたべさ」→「ものすごく寒かったでしょ」

■体がこわい

「体がダルイ」「体が重い」などと似ているけど、厳密に言うとちょっと違います。
「ダルイ」と大きく違うのは「億劫だ、面倒だ」という意味が含まれない点。
何かを頼んだときに「ダルイから嫌だ」というと「面倒だから嫌だ」と捕らえられますが、「こわいから嫌だ」というと「具合悪いの?」と心配されてしまいます。
たくさん手や足を使ったときの「手、足がこわい」は、手や足が疲れたという意味になります。

■めんこい

これはもう言わずと知れた「可愛い」という意味です。
特に「めんこそう」といえるのはとても便利。
「可愛いと思う」というのを「可愛そう」と表現すると「可哀想」に聞こえてしまいますが、「めんこそう」といえばその心配がいりません。

コメントは受け付けていません。

Search:

Subscribe:

He is Mike and together with other 100 people, he prefers to reed my feed (?). Subscribe!

Sponsored links:

  • Recommandation 1
  • Recommandation 2
  • Recommandation 3
  • Recommandation 4

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

I recommend:

  • Recommandation 1
  • Recommandation 2
  • Recommandation 2
  • Recommandation 2

Social networks:

  • Twitter
  • Linkedin
  • Youtube
  • Flickr